Archive for 12月, 2006

2006/12/31

[SuperSwiki2] 今年最後のバージョンアップ

SuperSwiki2ですが、バックアップついでに機能強化も行いました。「ギャラリー」のページの絞り込みが強力になっています。(隠れていたバグも直っていますよ)

お試しください。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ: ,
2006/12/29

[SIXX] 0.2がでますよ

久しぶりにSIXXを更新します。バージョン0.2です。2年ぶりの更新です。

シリアライズ、デシリアライズ時のカスタマイズがより容易に、かつ柔軟に指定できるようになりました。

以下、主立った特徴:

  • Booleanの読み込みが安全に(Complier evaluate:を使わない)
  • DataAndTimeの(デ)シリアライズに対応(Squeakのみ)
  • Font系の(デ)シリアライズに対応(Squeakのみ)
  • SixxSettings>>useNCRで、多バイト文字列を数値文字参照で出すか、そのまま出すかの設定ができる(VW, Squeak)
  • SixxShapeChangeReadStreamの追加。クラス定義が変化したインスタンスを変換させながら読み込ませることができる
  • シリアライザのカスタマイズ
Object>>sixxPrepareWrite 書き込む直前に呼ばれる。
Object>>sixxWriteValue 実際にシリアライズされるオブジェクトを返す
Object>>sixxIgnorableInstVarNames 変数を列挙しておくと書き込まれない
  • デシリアライザのカスタマイズ
Object>>sixxInitialize 読み込む直後に呼ばれる
Object>>sixxReadValue 読み込まれたオブジェクトから、クライアントに使われるオブジェクトを返す

sixxWriteValueとsixxReadValueによって、Mementoパターンの実装がより簡単になりました。ユーザはMementoを使っていることを全く意識せずに、オブジェクトを読み書きできます。

さらに柔軟なカスタマイズを提供するのがSixxShapeChangeReadStreamです。
SixxShapeChangeReadStreamにShapeChangerを登録することで、クラスがリネームされていたり、インスタンス変数がリネームされていたり、削除されていたり、追加されていた場合に適切に変換を行わせることができます。

srs := SixxShapeChangeReadStream on: oldSixx readStream.
srs shapeChangers at: #SmallIntegerOLD put: SmallInteger. "単純なリネーム"

srs shapeChangers at: #SixxShapeChangedObject put: SixxMockShapeChanger. "複雑な変換の場合はShapeChangerを実装して登録"

Dolphin版の移植者を募集中です。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ: ,
2006/12/25

[SoapCore] ひっそりと1.0b

Squeak唯一のSOAPライブラリ、SoapCoreですが、ひっそりと更新していたりします。
SoapCore 1.0b

Document/Literalバインディングへの対応をさらに強化しています。

SoapCoreについては、本人はあまりやる気がないのですが、定期的にユーザからバグやリクエストのメールが来ます。すると機能が直ったり、追加されていったりするわけですね。

TDDならぬBDD(Bug Driven Development)です。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ: ,
2006/12/11

[Squeak] Squeakers’ Night in 未来パーティ 2.0

速くも来年の話ですが、1/27(土)にアキバテクノクラブにて、Squeakのデモ大会が行われます。

Squeakers' Night in 未来パーティ 2.0

SqueakのデモはLL Ringなどで例年ブイブイかましているわけですが、いかんせん時間がなく、その一部しかお見せできていない状況にあります。いろいろと質問したくともできないお客さんもおられると思います。

今回はカジュアルな雰囲気の中、Squeakを活用されている方々と、ゆったりと交流を図ることができます。

こういった集まりは初めてという方もどしどしお越しください。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ: ,