Archive for 12月, 2007

2007/12/29

[Smalltalk] 2008年はSeasideの年?

Perlのラクダ本で有名なRandal L. Schwartzさんが、Seasideをさわり始めたようですね。

2007年がRailsの年だったとすると、2008年はSeasideの年なのではないか、と思います。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ: ,
2007/12/24

[Smalltalk] Huemul Smalltalkその2

ちょっと試してみましたがまだまだですね。何かするたびにデバッガが無限に開いてえらいことになります。GTKのウィンドウはなかなかかっこよいのですが、いまのところは見かけ倒しです。

huemful.jpg

[1000 factorial] timeToRun.

も350ミリ秒ほどかかりました。(ちなみに同一環境でSqueakで動かした場合は5ミリ秒)

今後に期待します。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

2007/12/23

[Smalltalk] Huemul Smalltalk

久々に新しいSmalltalkの実装が出ましたよ。

速報なので、詳しくはまた書きます。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

2007/12/22

[OLPC] OLPCに関するさまざまな誤解

ブログやIT関係の記事などで、OLPC(およびそのハードウェアであるXO)が変な風に紹介されているのをよく見かけます。

  • 廉価なノートPCを作って大量に売る

ではなく、

  • 子供達に教育用のツール(電子的な教科書)を提供する

のが目的です。

あくまで教育の普及を目的とした非営利のプロジェクトなので、商用のEee PCと比べてみたりしても、あまり意味がありません。
極端な話、教科書になり得るのであればノートPCでなくてもかまわないのです。
XOに「ノートPCとしての」実用性を求めるのは的外れと言えましょう。

子供に将来IT社会で役立つようなWindows XPやOfficeの使い方を教えるというものでもありません。実験の道具や考えるためのツールとして使ってもらうのです。

入っているソフトウェアは教育用に吟味してセレクトされたものです。中身を知りたくなったときに探求できるように、オープンソースであることが求められて います。Linuxが選ばれているのはそのためで、Windows XPでも別にオープンにしてもらえればかまわないのです。

またIntelのClassmate PCともよく敵対関係があおられたりしますが、実際にはOLPCに合流です。
http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1631104

正確な情報についてはOLPC Japanポータルができていますので、そこを見ていただくのが一番良いと思います。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

タグ:
2007/12/10

[Squeak] OSC 2007 Fukuoka

オープンソースカンファレンス2007 Fukuokaにて100ドルノートPCとEtoys、開発環境としてのSqueakというタイトルで、阿部さんと共にセミナーをしてきました。

反応はなかなか良かったと思います。まだまだ開発環境としてのSqueakは広く知られていません。日本全国、行脚の旅に出なければと思います。(楽しいですし)

当日の資料を置いておきます。実際にはSqueakで行われたのですが、より簡単に読めるようにPDFになっています。オブジェクトが活きている感じはなくなってしまいましたが、想像してみてください。もしくはSqueakを実際に試してみると良いでしょう。

おまけとしてSqueakers' Night in 九州で話す予定であった「ビジネスにも使えるSqueak」の資料も載せておきます。内容は一部かぶりますが、事例をもっと見たいという方には参考になるでしょう。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する