Archive for 7月, 2009

2009/07/28

[Smalltalk] 第1回Smalltalkハッカソンのおしらせ

SML等で告知しましたが、8/8(土)にSmalltalkハッカソンを行うこととなりました。
記念すべき第1回です。

日時: 2009/8/8(土) 13:00-18:00
場所: 株式会社フルネス トレーニングルーム

詳しくは
http://www.smalltalk-users.jp/Home/gao-zhi/smalltalk-hackathon-1
をどうぞ。

海外では"Camp Smalltalk"という、Smalltalkの開発者が一堂に会してコーディングしまくるイベントが定期的にあったりするのですが、日本ではこうしたものはありませんでした。

そこで今回のハッカソンです。Camp SmalltalkはGlorpなどの優れたプロジェクトをいくつも排出してきました。日本でも同様の動きを起こせれば良いなと思っています。

人数に限りがありますので、ウズウズしている方はお早めにどうぞ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
2009/07/05

[Web Velocity] 評価版のインストール

Web Velocityがついに出たので試してみました。

VelocityというとJakarta Projectのテンプレートエンジンを思い浮かべる人が多いと思いますが、全く無関係です。
Cincom社によるSeasideの拡張で、いわゆるフルスタックのWebアプリケーションフレームワークと呼べるものです。

特徴としては大体二つ。

1. Webブラウザから直接コーディングが行える

もともとSeasideにはWebブラウザ上でのコーディング機能がありますが、おまけ的なものでした。Web Velocityは、コードの編集はもちろん、デバッグやインスペクト、ソースコード管理まで行えるようになっています。

2. RailsのようにScaffoldingをサポートしている

ActiveRecordパターンにより、ドメインモデルとRDBのテーブルを簡単にマッピングできます。またモデルを追加、編集、更新、削除するための UIも、自動的に作成されます。慣れない人であっても、Webブラウザでリンクをクリックしているうちに、動くものがなんとなくできてしまうでしょう。

と、いうことで作ってみました。ウォークスルーのチュートリアルに従っただけです。ブログのポストができるというものになっています。

残念ながらPostgreSQLにマルチバイト文字列を格納する段階で、エラーが見つかりました。
PostgreSQLConnection>>stringEncodingNameでutf8を使うようにメソッドを書き直す必要があります。
stringEncodingName isNil ifTrue: [stringEncodingName := #utf8].
^stringEncodingName

後はWebブラウザ上のUIだと、ちょっとした操作上の誤りを取り消しにくいということがありました。頑張ってはいるのですが、もう少しブラッシュアップが必要な感じです。Smalltalkのブラウザを開いてしまえば良いのですけれどもね。

いずれにせよ、非SmalltalkerでもSeasideを簡単に扱えるようにした画期的な製品であることには間違いありません。サクっとインストールできるので、ぜひお試し下さい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する