Archive for 12月, 2010

2010/12/29

[Smalltalk] 第27回Smalltalk勉強会で話してきました

第27回Smalltalk勉強会なかなかの盛況でした。今回のテーマはSmalltalkの超能力ということで、濃いトークが求められました。

資料は以下にあります:

どちらも非常に宴会芸的なスライドなのですが、コードはきちんと動きます。技術的には正しいけれどももともとのコンセプトがおかしいというものになっています。

super super (およびsub sub)に関してはクラス1つとメソッド10個程度で、マルチラインに関してはメソッド5つほどで実現しています。言語のコアとなっている要素をこれだけ簡単に変えられるプログラミング言語もそうはないのではと思います。この柔軟性がSmalltalkの売りでもありますし、危険なところでもありますね。

過去に「SmallTalk R4.1チャレンジ」というのをやったことがありますが、今年最後のネタふりとして、「super super, sub subチャレンジ」「マルチラインクラス・メソッドチャレンジ」というのを挙げておこうと思います。年末年始にかけて時間がある! という方はぜひいろいろな言語で挑戦してみると面白いのではないでしょうか。

Smalltalk勉強会、チュートリアルからディープなものまで幅広くやっていきますので、来年もよろしくお願いします。

2010/12/15

[Smalltalk] 第27回Smalltalk勉強会(兼忘年会)のお知らせ

さて、今年も残りわずかとなりました。

Smalltalk-users.jpでは、定期的に勉強会を行っているわけですが、今年最後は忘年会も兼ねてビアバッシュ形式で行いたいと思います。

今回お申し込みはATNDで受け付けています。定員に限りがありますのでお早めにどうぞ。

テーマはちょっとお祭りネタで、「Smalltalkの超能力」です。

実行時に自分のクラスをひょいっと変えたり、別のオブジェクトに成り代わったり、コンパイルされたメソッドをいじったり、実行時のコンテキストを変化させたり、柔軟な性質を持つSmalltalkにはさまざまな禁じ手ともいえる技があります。そうした超絶テクニックをお披露目して、皆であきれたり盛り上がったりしましょうというわけです。

オブジェクト指向が本気を出すとこうなる(こうなってしまう)というのを味わってみてください。